アレルギー体質でも葉酸サプリは飲める?

アレルギー体質でも葉酸サプリは飲める?

「葉酸サプリを飲みたいけどアレルギー体質だから心配・・・」
という方も多くいるかと思います。
アレルギー体質の人が葉酸サプリメントを飲んでも果たして大丈夫なのでしょうか?
そこで今回は、アレルギー体質の方でも葉酸サプリメントを利用出来るのかについて調べてみました。

 

アレルギー体質の葉酸サプリの利用はOK?NG?

妊娠中、葉酸サプリの摂取は非常に重要ですよね。
毎日の食事から葉酸を摂ることも可能ですが効率的&効果的に葉酸を摂取するにはやはり葉酸サプリメントによる葉酸摂取が有効です。

 

葉酸は水溶性のビタミンである為、体内に蓄積しにくい性質を持っています。
体に必要な分の葉酸が吸収されれば余分な葉酸は尿として体外へ排出されていきますので、アレルギーを起こすリスクは低いと言われています。

 

しかし、葉酸以外の成分が配合されている葉酸サプリをアレルギー体質の方が摂取した場合、アレルギー症状が出てしまう恐れがあります。特に食物アレルギーを持つ方は、葉酸サプリを購入する前はしっかりと原材料をチェックする事が重要です。

 

ホウレン草やブロッコリー、モロヘイヤなどの緑黄色野菜に含まれる葉酸を原料としている葉酸サプリである場合、上記の野菜にアレルギーがある方は、摂取することは出来ません。
その他、大豆や卵、乳製品などアレルゲンとなる食品が原材料に使われている葉酸サプリは要注意です。
しかし、ご自分がどんな食品にアレルギー引き起こすのか分からないという人もいますので、不安な場合、医療機関でアレルギー検査を受けると良いでしょう。
またご自分がアレルギーを起こす食品が使われていないか、購入を考えている葉酸サプリのメーカーに電話などで問い合わせをしてみることもオススメです。

 

妊娠中は、免疫力が低下しやすくなりますので、アレルギーが出やすくなることがありますので、まずは少量の摂取からスタートしていくと良いでしょう。
1週間、少量摂取し続けて、アレルギーが出なければ、通常の摂取量に切り替えていきましょう。少量でもアレルギーが出た場合、すぐに使用を止めてください。飲み続ければアレルギー症状が重くなり、胎児の命に危険が伴う恐れがあります。

 

そして、くれぐれも過剰摂取はしないように注意してください。
葉酸サプリによる過剰摂取によって、アレルギー体質でなかった人がアレルギー体質となってしまったり、また胎児がアレルギー体質になる恐れがありますので必ず用量を守りましょう。

 

正しい葉酸サプリの選び方とは?

アレルギー体質の方は、サプリメントの購入に悩んでしまうかと思います。
妊娠中に葉酸サプリを利用する場合、お腹の赤ちゃんの悪影響が出ないように特に慎重に葉酸サプリを選ぶ必要があります。
例えばビタミンA由来の葉酸サプリを過剰に摂取すると胎児の奇形リスクが高まると言われていますので、注意してください。
食事によるビタミンAの過剰摂取によるリスクは低いと言われていますので、心配な方は食事からビタミンAを摂るようにしましょう。

 

またドラッグストアや薬局などで売られている市販の葉酸サプリは、リーズナブルで良いですが化学薬品や石油などから作られている確率が高いです。
このような化学合成の葉酸サプリを摂取し続けると胎児が喘息などのアレルギー体質となって、産まれて来てしまうリスクが高まりますので、注意しましょう。
また市販の葉酸サプリは保存に長けてはいますが保存料は、肝臓の解毒作用がまだ弱い赤ちゃんには良くありません。なるべく無添加・無着料の葉酸サプリを選びましょう。

 

妊娠中は予期せぬことが体に起こる場合がありますので、葉酸サプリの摂取は、薬剤師、医師などとよく相談した上で、購入を決めるのも良い方法です。

 

 

このように妊娠中の葉酸サプリは特に慎重に選択して、安心安全に妊娠中に必要な成分をしっかりと摂取し続けていきましょう。