産後は葉酸をいつまで飲めば良いの?

厚生労働省は、妊婦さんに1日400マイクログラムの葉酸を摂取するようにと呼びかけています。これは母子手帳などにも書かれていますので、妊娠中、葉酸が重要な栄養素であると言う事は多くの妊婦さんが知っていることです。

 

しかし、葉酸は産後や授乳期間にも重要な栄養素であると言われています。そこで今回は産後や授乳期間の葉酸の重要性についてご紹介したいと思います。

 

産後&授乳期間の葉酸の重要性とは?

妊娠中に葉酸摂取が必要なことは分かるけど、出産後の葉酸摂取は必要なの?
と、疑問に思っている方も多くいるかと思います。
結論から申しますと葉酸は出産後も効果を発揮してくれる栄養素です。
ですので、出産後も継続して、葉酸を摂っていくのが望ましいでしょう。

 

その理由の一つに母乳があります。
母乳は血液を原料にして、生成されますので、母乳育児をしているママさんは貧血になりやすくなります。
葉酸に造血作用がありますので、新鮮な血液によって質の良い母乳が作られれば赤ちゃんにしっかりと栄養が与えられていきます。
質の良い美味しい母乳によって、赤ちゃんがお乳を飲む回数が増えるとオキシトシンの分泌が良くなることで、子宮収縮が促進されるという効果も得る事ができます。

 

赤ちゃんは母乳や粉ミルクを介してしか栄養を摂る事が出来ません。
母乳育児をする場合、まずは母体に十分な栄養がなければいけません。
鉄分やカルシウム、ビタミン、ミネラルなど葉酸以外の栄養素もしっかり入っている葉酸サプリは数多くありますので、出産後も葉酸サプリを摂るという事は非常に有効です。
生まれた後も赤ちゃんは細胞分裂を繰り返し、成長していきますので、細胞分裂をサポートする葉酸を摂取し続けていくということは赤ちゃんが正常に、スムーズに発育していくということになりますので、授乳中も葉酸をしっかりと摂取すべきと考えます。
厚生労働省も授乳期間も最低でも280マイクログラム、可能であれば500マイクログラムの葉酸摂取を呼びかけています。

 

葉酸はホウレン草やブロッコリー、春菊、モロヘイヤ、イチゴ、レバーなどの食べ物に多く含まれていますので、毎日の食事から摂る事も十分、可能です。
しかし、産後は育児に追われて、しっかり食事管理ができない事がありますので、その場合、やはり葉酸サプリを利用する事が望ましいでしょう。

 

また葉酸にはホルモンバランスを整える働きがあります。
妊娠中は大量に女性ホルモンが分泌されますがその反動により、出産後は、女性ホルモンが著しく低下します。
結果、肌荒れや抜け毛、浮腫み、産後うつなどの症状が引き起こされることがあります。
妊娠中は積極的に摂っていた葉酸ですが産後になると摂るのを止める方は多くいますので、産後は葉酸不足になりやすいと言われています。
葉酸不足によって、産後のホルモンバランスはより大きく乱れ、より上記のトラブルが大きくなりますので、注意しましょう。

 

更に葉酸には、出産でダメージを受けた子宮を速やかに回復させてくれる働きがあります。
子宮の細胞分裂を促して、子宮を妊娠前の状態に戻してくれますので、産後も葉酸の摂取は非常に有効です。

 

 

このように葉酸の摂取は、産後&授乳期間にも非常に重要となりますので、是非、継続して葉酸を摂取していきましょう。

 

更新履歴